完成したサスペンションでモータとタイヤを回転させました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 レース参加で中断していたオリジナル1号機の完成を目指し、カウル、車体フレーム、パワートレインともに活動を再開しています。今回は、車体フレームの取り組みについて紹介します。 

2018年の6月に、モータの回転数を4対1に減速するギアーが完成し、軽自動車のタイヤを回転させました。車体フレームとパワートレインが共同で製作しただけに、メンバーの喜びは大きいものでした。この時のようすは、2019619日のブログで紹介しています。ただ、この時のモータはカットした4本のパイプに仮止めされており、サスペンション機能はありませんでした。

その後、車体フレーム班で、サスペンションの設計を行い、機械加工と組み立てを続けてきました。車体フレーム班の頑張りで、2月に入ってサスペンションが出来上がりました。さっそく、これに昨年6月に完成したタイヤ付きモータを取り付けまた。インバータ基板の電源を入れ、加速つまみを回すとタイヤは滑らかに回転しました。サスペンションが完成たことで、停滞していた車体製作に活気が戻ってきました。

 今後は、3月にステアリングを本体に取り付け、4月にはブレーキとアクセルを組み込み、5月には車体に電装・制御系とカウルを取り付けます。6月のオープンキャンパスで高校生にお披露目します。

Dsc_1398_3


トルクの出力アップにむけてモータと基板の改良を始めました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 EVプロジェクトで、当初から目標としてきたオリジナルな1号機の完成を目指し、カウル、車体フレーム、パワートレインともに活動を再開しました。この中から、パワートレインの取り組みついて紹介します。 

現在、開発しているオリジナル1号機は学生フォーミュラの車体サイズを想定して設計されています。カウルを取り付けた車体に、ドライバー1名が乗車した時の車重は、200kgを超えます。レースに出場したカートのドライバー込みでの車重が100kgであったのに対して2倍以上の車重があり、より強いトルクが必要とされます。

トルク出力をアップするために、➀インバータ出力の向上、➁モータコイルの巻き方変更、を始めました。➀では、動作電圧をこれまでの24Vから48Vに高めます。スイッチング用パワーデバイスを制御する回路は12V動作であるため、48Vの電圧でも12Vが得られるようDCDC変換器を交換します。また、ホールセンサなどの接続部を半田付けからコネクター方式に改良し、基板を交換しやすくします。
 ➁では、モータ回転数を低くしてトルクを高めるため、32並列から6直接続の巻き方に変更します。現在使っているモータは18個のステイにコイルが巻かれており、3相毎にすべてを直列接続すると6直列×318スロットとなります。これに対して、3個の3相(9ステイ)を直列接続したセット2組を並列接続したのが32並列です。モータに巻いてあるコイルを外し、新たに6直接続に巻き直します 

コネクターやDC-DC変換器など改良用の部品が入手できたため、パワートレイン版は改良作業に着手しました。また、パワートレイン版、車体フレーム版ともに春休みも活動を行い、一刻も早くオリジナル1号機を完成させようと燃えています。

Img_1561

«1号機の完成に向けて新しい体制で活動を再開しました