コロナ禍に負けず夏季連休中もオンラインで活動中

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 今日は、電気電子工学科の高木です。
 4月に車体フレーム、パワートレイン、カウルが合同で活動を始め、新体制での活動目標を2022年学生フォーミュラの本戦出場と決めました。3回目の定例会で、福島 E.先生から「車体の全体設計を行った方が良い」というアドバイスをいただきました。これを受けて、設計パートをブレーキ、アップライト(減速機)、サスペンション、コックピット、ステアリングの5つに分け、リーダとメンバを決めました。

 7月の全体会で設計スケジュールを決め、8月中旬に最初の設計項目であるブレーキ設計を終え、その後、他のパートの設計を進めることになりました。いくつかの修正・手直しが残りましたが、8月中旬にはブレーキの設計が終わりました。824日のミーティングでブレーキ設計を行い、各パートの設計に着手しました。

 現在、大学は夏季連休であり、さらにコロナ禍で活動に制限がかかっています。しかしながら、2022年の学生フォーミュラに間に合わせるためには、少なくても年内に車体の全体、詳細設計を終える必要があります。このため、各パートのリーダを中心にオンラインでの活動を継続しています。

 少しずつではありますが、学生フォーミュラに参加する電気自動車のイメージが少しずつ固まってきました。

_  

7月8日に3回目の全体会を開催、電気自動車の仕様についての議論

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 今日は、電気電子工学科の高木です。
 車体フレーム、パワートレイン、カウルが合同で活動を始めてから3カ月が経過しました。この間、進め方や活動体制について試行錯誤が続いてきましたが、車体の仕様作成に3グループが一体となって取り組めるようになってきました。

 前回の全体会から約3週間が経過した78日に、3回目の全体会を開催しました。2回目の全体会で、福島 E.先生から「購入リストを作成する前に、電気自動車の定量的仕様を決めるべき」との指導があり、これを受けてメンバ間での議論を進めてきました。

 今回の全体会では、アクセラレーションで75m走行時の速度配分→タイヤへのトルク→タイヤ部品の順に決め、スキッドパッドを計算するという一連の流れが確認しました。また、今後の計算にも役立つようスキッドパッド計算用のソフトを作成することが決まりました。

会議の最後で、次回の全体会を729日に設定し、それまでに仕様を決め、購入部品リスト作成を担当ごとで始めることを決めました。EVプロジェクトが、本格的に動き出しました。
Dsc_0235

6月17日に2回目の全体会を開催、車体フレーム設計で白熱した議論

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 今日は、電気電子工学科の高木です。
 早いもので、5月に開催した1回目の全体会から1ヶ月が過ぎました。車体フレームの進捗を確認し、今後の方針を決めるため、617日に2回目の全体会を開催しました。前回の全体会で宿題事項となった購入品の調査、検討の進捗を確認するとともに、今後の進め方を検討しました。

全体会で購入品リストを見ながら進捗を確認したところ、部品選定の半数程度が終わっている状態でした。全体計画をキープするため、購入選定の全体リーダを機械工学科の小林君に決めました。また、各自が担当意識をもって選定に当たるため、それぞれの部品に担当をアサインすることにしました。

車体フレームを指導する福島 E.先生から、(1)購入分品を選んだ根拠と取り付けを意識した設計検討が必要、(2)学生フォーミュラの仕様に沿った設計が必要というアドバイスをいただきました。そこで、次回の全体会を少し前倒しで開催し、部品を選んだ根拠を担当者が説明し、ディスカッションすることにしました。仕様に関しては、学生フォーミュラ用フォーマットを参考に、621日の定例活動でメンバが共有している決定事項を明文化することにしました

電気自動車完成までには、まだまだ、多くの課題が残っていますが、4月から車体フレームとパワートレインが同じプロジェクト室で活動するようになり、一体感が出てきました。この体制で活動を続けは、難しい課題もクリアできるでしょう。

Img_8206-2

5月20日に全体会を開催して「EVプロジェクトⅡ」をキックオフしました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 今日は、電気電子工学科の高木です。
 428日に、主要メンバと教員でリーダ会を開催しました。ここでの基本方針をまとめ、520日に全大会を開催し、「EVプロジェクトⅡ」をキックオフしました。

 4月28日のリーダ会では、車体フレームとパワートレインに分かれていた活動を一体化して行うこと、2022年の学生フォーミュラ出場を目指してEVを製作することが決まりました。また、いくつかの検討課題も残りました。当日の会議で残った課題は関係者で再検討し、決定事項はリーダの塚田君が分かりやすい資料にまとめてくれました。

 活動方針を、全メンバで共有するため、520日に全大会を開催しました。現在、東京都には緊急事態宣言が発出されており、1~3年生はオンライン授業が主体でとなっています。全体会は、当日大学に登校していたメンバが会議室に集まり、自宅にいるメンバはオンラインで参加しました。塚田君の説明に対し、参加者がディスカッションを行いました。

 メンバが一体で活動すること、2022年の学生フォーミュラに出場すること、さらにはそのスケジュールなどを全員で情報共有しました。また、車体設計を加速するため、フレーム以外に購入する部品リストと部品の3次元CADデータを分担して入手あるいは作成することが決まりました。次回の全体会を1ヶ月後に設定し、それまでに部品リストと部品の3次元データを完成します。

Thumbnail_dsc08891_

学生フォーミュラを目指したEVプロジェクトⅡが新体制で始まりました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 今日は、電気電子工学科の高木です。
 20174月から第1期の戦略的教育プログラム「EVプロジェクト」は、筑波レースに2回、袖ヶ浦レースに1回参加し、2021年の3月で4年間の活動を終えました。20214月からは、学生フォーミュラを目指した新なプロジェクト「EVプロジェクトⅡ」が始まりました。

 第2期目の「戦略的教育プログラム」では、学生フォーミュラ出場を目指したEVプロジェクトⅡとして再スタートしました。今回は、AICADなどのICTツールを使った設計の習得を目的とし、「AIデジタル設計・新材料活用モノ作り教育プログラム」のテーマ名となっています。

 428日にリーダ会を開催し、今後の活動方針を決めるとともに、車体フレームの設計製作について議論しました。また、これまで別々の居室で活動していた車体フレームとパワートレイン班は、工学部プロジェクトルームで一体となって活動することを確認しました。さらに、電気電子工学科 4年生の塚田君が全体リーダになることが決まりました。

新しいリーダのもと、車体フレームとパワートレインが一体となった体制で、EVプロジェクトⅡがスタートしました。

Dsc_0231

4輪独立駆動の機械部品を図面化、コーオプ実習先の菊池製作所さんに製作を依頼

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 8月からEVプロジェクトを再開し、1号機の4輪独立駆動化に着手しました。改良に必要な機械部品を抽出して図面を作成し、コーオプ実習でお世話になっている菊池製作所(株)さんに加工・製作を依頼しました。部品完成予定は、109日です。

 1号機を4輪駆動化するには、モータ駆動の電装系を2系統から4系統に増加することと、1号機の前輪にも駆動機構を追加する必要があります。電装系は、パワートレインメンバーが学生フォーミュラ用電装系として進めています。

 4輪駆動化に必要なメカ的な機構部品については、機械工学科 4年生 佐野君の協力で図面を作成し、外部企業さんに製作してもらうことにしました。これまで、機械部品は車体フレーム班が製作してくれていましたが、2号機の設計に注力することになります。車体フレーム班で製作した3D図面をもとに、企業に依頼する2Dの図面を作成しました。

 いくつかの企業さんに打診したところ、コーオプ教育で実習生を毎年受けいれていただいている菊池製作所(株)さんが、製作を快く引き受けてくださいました。部品は109日の完成予定で、EVプロジェクトの後期の活動で、機械系と電装系をくみ上げ、2020年度末の4輪駆動化を目指します。

Photo_20200927134001

EVプロジェクト1号機の4輪独立駆動化に再チャレンジ!

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 昨年末から始めた1号機の4輪独立駆動への改造は、コロナ禍でEVプロジェクトの活動が休止していため、中断していました。8月からEVプロジェクトが再開されたことに伴い、4輪独立駆動化の改造を再開しました。

 EVプロジェクトで試作した1号機は、昨年9月に実走が可能となり、工学部学生へのお披露目会、試乗会を行いました。この時は、後輪2輪のそれぞれをモータで駆動し、時速20km程度で走行しました。当初の計画では、前後4輪での駆動を目標としており、前輪へのモータと駆動用インバータの組付け、電装系の改良により4輪駆動化を目指していました。

 2020年に入っての新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、EVプロジェクトも活動を停止しました。しかしながら、緊急事態宣言が解除された6月から活動再開に向けた準備を始め、8月の始めに2020年度1回目の活動を行いました。

 来年度に参加予定の学生フォーミュラでは、4輪独立駆動のパワートレインを採用する予定です。1号機のモータ定格が1台200Wであるのに対し、2号機のモータは12kWを予定していますが、電装回路、4輪制御ソフトは基本的に同じです。1号機の4輪駆動で得られる設計手法、安全対策、制御手法、ソフトなどはそのまま2号機にも使えます。また、実際に走行させることで、実走でのパワーデバイスやインバータ回路への負担も洗い出すことができます。

 卒業課題の発表が終わった8月後半、機械工学科と電気電子工学科の4年生に協力してもらい、4輪駆動化に必要な機械部品の図面を作成しました。機械加工メーカで製作してもらい、ステアリング廻りを組み上げ、4輪駆動化に向けた活動を本格化させます。

Dsc_0322

三密避けてマスクつけてEVプロジェクトの活動を再開しました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 今日は、電気電子工学科の高木です。
 コロナ禍の影響で、4月第1週の活動を最後に停止していたEVプロジェクトの活動を83日から再開しました。来年の学生フォーミュラに向け、独立4輪モータ駆動のパワートレインの設計・製作を進めます。

 2020年の1月から、学生フォーミュラ参加を目指して活動を続けていましたが、コロナ禍の影響で、4月に2020年度大会の中止が決まりました。また、4月に出された緊急事態宣言により、大学への入校も停止となりました。これを受け、大学でのEVプロジェクト活動も、4月の第1週を最後に休止しました。

 6月に入って緊急事態宣言が解除され、7月からは実験関連の対面授業が再開されました。EVプロジェクトは戦略的教育プログラムに位置付けられており、教育活動の一環として、7月以降の活動が許可されました。

 中止が決まった学生フォーミュラですが、関連するセミナーがオンラインで開催されており、メンバーはセミナー受講を続けています。また、パワートレインの電装設計を行いながら必要部品を発注し、活動再開の準備を進めてきました。購入部品がある程度集まり、2年生が実験で大学に出てくる83日を最初の活動日に決め、活動を再開しました。

 活動に当たっては、コロナ感染対策で基本となっている三密を避ける、換気を心掛ける、マスクを着用する、開始前にアルコール消毒する、を基本としています。当日は、久々に顔合せができて、EVプロジェクトメンバーに活気が戻りました。

 Img_8156_1_20200810070001

 

学生フォーミュラに向けて等価構造計算を提出しました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 電気自動車(EV)プロジェクトは、来年度の学生フォーミュラ参加を目指しています。313日が、車体フレームとバッテリー・ボックスの構造設計をまとめた等価構造設計書の提出期限となっていました。機械工学科4年生の古畑君を中心に車体フレームの設計を、電気電子工学科3年の今井君を中心にバッテリー・ボックスの設計を進めました。提出締め切りの559秒前に、無事に等価構造設計書を提出することができました。

 2017年度から始まったEVプロジェクトは、23年目にエコデンレースに参加し、4年目の最終年度には学生フォーミュラに参加する計画で進めています。121日に大会へのエントリを行い、215日には、電気安全の責任者(教員)とリーダ、安全教育・対策の実施内容についての報告書を提出しました。 

 ここまでは、大きなハードルではありませんでしたが、313日の等価構造設計書では、バッテリー・ボックスを含む車体フレームの強度計算を、構造図面の提出が要求されていました。作成には着手したものの、検討項目の多さと今回が始めの作成であることから、要求されているエクセルシートを埋める作業は、困難な作業となりました。

 春休みに入ってからも作成を続け、最終的には、12日に4名のメンバが徹夜で作業を行うところまで追い込まれました。彼らの頑張りのおかげで、13日の13:45分に車体フレームとバッテリー・ボックスの構造設計書を合体させ、期限の14:00までに提出できました。

 等価構造設計書はハードルが高かったようで、20チームが提出を諦めたようです。提出する前に、Waitingリストの12番だった順位は5番まで上がりました。次は51114:00までに、電気システムフォームと故障モード影響度解析を提出することが設定されています。今回と同様、最後まで諦めずに乗り切り、9月のレース出場を目指します。

Photo_20200316164901

 

学生フォーミュラへの第1歩。1月21日にエントリー入力を終えました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 「再生可能エネルギー利用電気自動車製作教育的戦略プログラム」(EVプロジェクト)は、今年の最大の目標を学生フォーミュラ参加に置いています。121日から始まった申し込み受付けでは、開始時間の12:30に合わせてWEB入力を始め、登録手続きを終えました。9月に行われる学生フォーミュラに向け、大きな大きな1歩を踏み出しました。 

 EVプロジェクトでは、開始から3年目の昨年、車体を車体フレーム班、モータ駆動系をパワートレイン班、車体カバーをカウル班で製作し、1号機としてまとめ上げました。後輪2輪を1個ずつのモータで駆動し、時速20kmでの走行を実現しました。また、9月には工学部の学生に対して、お披露目会・デモ走行会も開催しました。 

 現在、1号機での経験をもとに、学生フォーミュラのレギュレーションに従った2号機の製作を進めています。フォーミュラ参加のためには、申し込み手続きはもちろんのこと、レースまでに設定されている書類提出をクリアする必要があります。その最初のステップである参加申し込みが121日の12:30から始まり、早速、WEB上での申し込みを終えました。 

 昨年末には、メンバー全員で学生フォーミュラに参加することを確認しています。各班での活度と並行し、書類提出の直前ではリーダ会を開催して進捗を確認し、参加までの関門を着実にクリアしていきます。

16623

«12月16日に全体会を開催し、学生フォーミュラへの参加を決めました