20日の説明会に30名以上が参加! 23日は全大会を開催

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の岡田です。
 無事、2年生に進級することができました!そして今回、2度目のブログ投稿をさせていただきます。

 420()、新入生向けのEVプロジェクト説明会が開催されました。工学部機械工学科、電気電子工学科、応用化学科から30名以上の新入生が集まり、幸先のよい説明会となりました。中には2年生からもエントリーがあり、ますます賑やかになりそうです。

最初に機械工学科の本名さんからプロジェクトの概要について説明があり、続いて、昨年の学生フォーミュラを見学した結果が紹介されました。その後、パワートレイングループ4年の高橋さんによるモーターの実演や、車体フレームグループからモーターにつながるギヤーとタイヤの紹介が行われました。今後、パワートグループではモーターを4つ並べて四輪駆動を再現し、車体フレームグループはパイプ溶接により車体を組み上げます。

次回は、以下のように活動を行います。ぜひ、お越しください!

   日時: 323()1830
  場所: 研C-313(工学部会議室)
    内容: 全体会及びグループ活動

Img_1418

Ev03

20日にEVプロジェクトの説明会、23日に1回目の全体を開催します

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 新しい年度を迎え、工学部に新1年生が入ってきました。EVプロジェクトでは、毎年、新入生を募集し、上級生からEVに関する知識や技術を伝えていく方針です。また、24年次生の中には、活動の様子を聞き、参加してみたいと思っている学生もいます。 

 そこで、EVプロジェクトについての説明会を、以下のように開催します。大学の4年間で勉強以外に何かをやりたいと思っている新入生、EVプロジェクトの活動を噂に聞いて興味を持っている24年生は、是非、参加してください。当日はモータのデモ動作なども予定しています。また、新しいメンバーが入って来たことを受けて、平成30年の第1回目の前回会を開催しますので、併せて連絡します。 

【説明会】
   日時  420日(金) 12:3013:00 (入退室随時)
   場所  研C-313(工学部 会議室)

 【第1回全体会】
   日時  423日(月) 18:3020:00
   場所  研C-313(工学部 会議室)

                                              - 以上 -

1年間の締めくくりとして振り返り会を開催しました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。 
昨年の4月から希望者を募集し、活動を続けてきたEVプロジェクトも、331日で1年が経過しました。1年間の活動を振り返って一区切りし、今後の活動方針を再確認するため、330日の夕方に振返り会を開催しました。

 当日は、機械工学科、電気電子工学科、応用化学科から約35名の参加があり、1年の活動報告、今後の活動計画の順で進めました。活動報告では、カウル、車体フレーム、パワートレインの活動を、各グループのリーダから報告してもらいました。カウルグループからは、試作を繰り返し、下地の型に対応したカウルができるようになったことが報告されました。車体フレームグループからは、構造解析シミュレーションを使って車体フレームを設計し、これをもとに部品の手配と加工を行っていることが報告されました。パワートレイングループからは、4車輪を個別に駆動する4セットのインバータ基板とモータの製作が終わったこと、シーケンサ(PLC)によるモータ制御系を開発していることが報告されました。

教員からは、平成30年の活動として、EV試作についてのチャレンジ目標を提示しました。「4月末までに各グループで担当モジュールを完成し、5月からカウル、車体フレーム、パワートレインを組み合わせ、617日(日)のオープンキャンパスでデモ走行を行う」です。キツメのスケジュールですが、高校生にEVを見てもらうためには、このスケジュールが望ましい状況です。メンバーからは「難しい」という声もあがりましたが、各グループに分かれて617日に間に合うスケジュールをディスカッションしました。また、振返り会の途中には、別件で会場近くにおいでになった大山工学部長から、今後の活動に関する激励の言葉もいただきました。

  EVプロジェクトのメンバーの皆様、2017年の活動、ご苦労様でした。オープンキャンパスでのデモ走行を目指し、平成30年の活動を頑張りましょう。


Img_1381


PLCを使って4個のモータの加減速制御ができるようになりました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 
現在、試作中の電気自動車(EV)では、4つの車輪を4台のモータで駆動する方式をとります。アクセルやブレーキなど信号で4台のモータを同時に回転させたり、ハンドルを切る時には、前輪タイヤの回転数を、左右で調整する必要があります。このための仕組みとして、PLCprogrammable logic controller)で4個のモータを制御する構成を考えています。 

使用するPLCとして、三菱電機製のMELSEC-iQシリーズを選びました。制御点数が多く、アナログ信号も取り組めるのが特徴です。開発用ソフトが入手で開発環境が整った時期が春休みの直前だったため、休み中に有志で集まり、PLCの動作確認をすることにしました。

 ハード構成としては、アクセルやブレーキの踏み込み信号を、可変抵抗の抵抗値で模擬しました。実際のEVでは、アクセルとブレーキの回連軸に可変抵抗を取り付け、その回転により抵抗値を可変するからです。また、EVの動作スイッチは、小型の押しボタンスイッチで代用し、これらの部品をブレッドボードに配置して配線しました。
 PLCにソフトを書き込み、制御動作を確認しました。最初に入力信号に応じて、LEDONOFFするような単純な制御命令で、LEDを点灯させました。基本動作が確認できたところで、可変抵抗を使って、アクセルやブレーキによる加・減速を模擬するソフトを作成しました。今回の評価でEVに必要な一連の動作を、ソフトとPLCで実現できました。 

今後は、今回の評価結果をパワートレインメンバー全員で共有し、動作評価用に作成したソフトをベースに、実際のEV動作に必要なソフト及びハードを製作します。

Img_1366

電気工事が終わり、溶接作業に向けた準備が整いました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 車体フレームグループでは、フレーム用の金属パイプをどのように組み立てるかが課題となっていました。軽量で強度の高いフレームを製作するためには、カットしたパイプを溶接で組み上げるのが最適です。しかしながら、プロジェクト発足当時には、溶接装置も溶接する部屋もありませんでした。

居室に関しては、軽部学長、大山学部長、茂庭学科長のご尽力で研究棟C-121を、ロボコンとEVプロジェクト用の作業用の部屋としてアサインしていただけました。一方の溶接機につきましては、福島 E.先生を中心に購入手続きを進めていただきました。
 こうして、居室と溶接装置は準備できましたが、研究棟C-121は長い間使われていなかったため、内装工事を行うことになりました。そのため、溶接に向けた準備は10月以降、ストップしてしまいました。年末にかけて工事が行われ年明けには終わったことから、溶接装置の設置場所を決め、電気接続の工事を残すのみとなっていました。

2月に工事の打合せを行い、35日から工事に着手し、38日に完成しました。溶接用Arガスの配管接続など一部の作業が残っていますが、溶接作業できる環境がほぼ整いました。一刻も早いフレームの完成を、EVプロジェクトのメンバー全員が期待しています。



Img_1362

カウル製作に向けて形状の複雑化とサイズ拡大を進めています

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 電気自動車(EV)の製作チャレンジでは、EVを構成する主要部であるカウル、車体フレーム、パワートレインのグループに分かれています。この中で、カウルは車体のカバーで、その形状が走行時の空力抵抗を決めるとともに、デザインは車体の印象を決める車の顔です。須磨岡先生を中心に応用化学科と機械工学科の学生が中心となって製作を進めています。

カウルは、ガラス繊維をプラスチックの中に入れた強化プラスチック(FRP Fiber-Reinforced Plastics)で製作します。発泡スチロールや木材の型の上に、液体状の樹脂材を塗り重ねて乾燥させてプラスチックとし、その間にガラス繊維を入れて製作します。

以前に、1辺が約10cmの直方体の発表スチロールの上にFRPを製作したことを紹介しました。EVプロジェクトで使うカウルは長手方向が50㎝程度のサイズであり、その形状も単純な直方体ではなく、空気抵抗を小さくするための曲面形状となります。このため、曲面形状とサイズの大型化を盛り込んだ試作を繰り返しています。図は、円錐状の形状で長さ40㎝程度に試作したFRPの外観写真です。奇麗な円錐形状にでき上っています。今後もいくつかの試作を重ね、最終的に車体フレームに取り付くサイズのカウルを完成させます。


Img_1352_2



開発ソフトを入手しPCからPLCへの書き込み動作を確認しました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 昨年の活動で、モータとインバータ基板4セットが完成しました。今後は、モータを含んだ全体の電装系と、シーケンサによるモータ制御に取り組むことになります。このため、電装系を担当するハードグループと、モータ制御を中心とするシステムグループに分かれて活動します。
 システムグループでは、4セットのインバータとモータをPLCprogrammable logic controller)で制御する構成を考えています。使用するPLCは三菱電機製のMELSEC-iQシリーズで、シーケンサという商品名で呼ばれています。PLC自体は10月ころに納入されましたが、開発ソフトが必要となり、追加発注しました。

1月末にソフトが納入され、早速PCへのインストールを試みました。Windows8.1のデスクトップパソコンで数回にわたってトライしましたが、途中でエラーが出てインストールが止まってしまいました。ユーザ登録やID登録をやり直して試みましたが、途中で停止する現象を止めることはできませんでした。翌日、新にWindows10パソコンを用意して試みたところ、無事にインストールでできました。Windows8.1とソフトの相性は良くなさそうです。

インストールが終わったところで、PCPLCLANケーブルで接続しました。PC上の開発ソフトで、簡単なシーケンス動作のプログラムを作成してPLCに送り、PLCのメモリにプログラムが書き込まれることを確認しました。次のステップとして、指定ポートをON/OFFするプログラムを作成して書き込み、指定ポートにLEDを接続してON/OFF動作を確認し、モータ制御用プログラムを構築していきます。

_img_1357

関係者の皆さんに感謝、作業用居室(研C-121)の整備が完成!

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 EVプロジェクト製作する車は長さが3mほどにもなり、製作する場所、保管する場所を探してきました。これに対して、軽部学長、工学部長、茂庭学科長に御尽力いただき、6月にはロボコンとEVプロジェクトの作業場所として研C-121をアサインしていただけました。
 しかし、この部屋は、34年間使われていなかったので、部屋の中にはホコリが溜まり、悪臭が漂っていました。87日に、ロボコンやEVのメンバで集まり、一斉の大掃除を行いました。ホウキで床を掃いた後、掃除機をかけ、水拭きを行いました。8月中旬以降、この状態でカウルグループの作業スペースとして暫定的に使用してきました。

 今後もこの部屋を活用していくことから、工学部としてこの部屋を整備することになり、業務課さんに改装工事を依頼しました。10月以降、業務課さんと改装する項目を決め、年末年始の時間を使って、営繕課さんの方で床と壁の工事を行っていただきました。
 年明けの15日に、福島 E.先生、須磨岡先生、EVメンバで改装後の部屋を見に行きました。床には新しい床材が張られ、汚れていた壁はすっかりきれいになっていました。部屋の中には、以前の悪臭に替わって、新築の心地よい香りが漂い、まったく新しい部屋に生まれ変わっていました。部屋の改修が終わったことから、今後、溶接器を設置して本格稼働させることができます。

改装工事を進めていただいた業務課、営繕課の皆様に心より感謝いたします。また、5月以降、作業部屋の確保にご協力いただいた軽部学長、工学部長、茂庭学科長に改めて感謝いたします。


C121_img_1348



モータと基板が完成し、2018年は新体制でスタートします。

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

明けましておめでとうございます、電気電子工学科の高木です。
昨年に引き続き、今年も活動の様子を、定期的にブログで報告していきます。たくさんのアクセスをお待ちしています。

さて、昨年最後の活動と、新しい年を迎えての今後の活動について報告します。1214日に1年生の岡田君が、モータ作りに難航しているというブログを書いてくれました。その時には、正常に動作しているモータが1台で、残り3台は上手く回転しない、あるいは正常に廻っていませんでした。岡田君が、不安になるのも当然でした。
 この時に不味いと思ったのは岡田君だけではなく、3年生の中にもいました。彼らの中の有志から「遅くまで残ってモータが正常動作するように手を加えたい」という提案を受けました。皆で苦労してモータを直すことも考えましたが、4台の年内動作が目標だったので、有志の活躍に期待することにしました。
 その週の講義で彼らと顔を合わせることがあり、リーダの高橋君から「モータが4台とも動くようになった」という報告を受けました。そこで、以前から考えていた新体制への移行を実現することにしました。

今年最後となった1219日の活動で、今後の開発目標と新しい2つのグループが取り組む内容について説明しました。2つのグループは「ハード」と「システム」で、学生たちが主体となってそれぞれのグループのメンバを決めてくれました。こうして、年内に4セットのモータとインバータが完成し、2018年は新しいグループ編成でスタートします。


2_img_1261  


モーター制作難航中?

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 はじめまして、電気電子工学科1年の岡田です。今回、初のブログ投稿をさせていただきます。

 1212()の活動では、前回に引き続きモーター制作を行いました。ところが、組み立てを完了して電源へ繋いでも、なかなかうまく動きません。プロジェクトで使うモーターはU相・V相・W相の三相がありますが、そのうち二つの相を入れ替えて繋いでしまったり、原因不明の振動を起こしてなかなか速度が上がらなかったりと、各班ともトラブルの連続でした。

 しかしその後、手直しした1個目のモーターが動き、実験室には活気が戻りました。それに触発され、残りの班も原因究明に熱中し始めました。

 EVチャレンジのパワートレイングループは、毎週火曜日1830から実験棟A-107 にて活動を行っています。「もの作りが好き」という方の参加をお待ちしております。東京工科大学の在学生の途中からの参加もウェルカムです。このブログを読んで、関心を持ってくれた高校生の方は、是非、東京工科大学に入学し、EVチャレンジに参加ください。お待ちしています!

Img_1911_3    

«8月末から作り始めた永久磁石同期モータが完成し動作ました