サプライズの卒業式、4年生に花束贈呈と工学部優秀賞の受賞

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 3月20日に学位授与式が開催され、4年生が卒業の日を迎えました。当日、パワートレイン班では、3年生の平山君から4年生に花束の贈呈がありました。また、学位授与式後に開催された卒業記念パーティでは、2年間の活動が評価され、EVプロジェクト4年生の7名が工学部優秀賞者として表彰されました。
EVプロジェクトは2017年の4月から始まり、現4年生が最初のメンバとなりました。当初は、EV活動用の部屋や工具もなく、文字通り“ゼロ”からのスタートとなりました。活動内容や目標とするレースなどを、試行錯誤しながら決めて進んできました。
そうした苦労を続けてプロジェクト引っ張ってきてくれた4年生も、3月20日に卒業の日を迎えました。当日、EVプロジェクトに参加している3年生に平山君から4年生への花束贈呈の提案がありました。パワートレイン班の4年生4名はすべて高木研究室に配属されており、その場で花束贈呈行うことにしました。平山君から、岩田君、佐藤君、高橋君、前君の順に花束が渡されました。
14時からは、工学部の卒業記念パーティがありました。成績優秀者や「プロジェクトその他で活躍」した4年生が表彰されることになっていました。成績優秀者への表彰が終わり、「プロジェクトその他で活躍」した学生としてEVプロジェクトメンバが選ばれました。プロジェクトで2年間頑張ってくれた機械工学科の河野君、本名君、福島君、電気電子工学科の岩田君、佐藤君、高橋君、前君の7名が、工学部優秀賞として表彰されました。
3年生からの花束の贈呈、工学部懇親会での表彰と、EVプロジェクトメンバにとってはサプライズな卒業式となりました。

アルミ製の車体フレームが完成しました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 車体フレーム班では、オリジナル1号機の完成を目指し、2019年1月にサスペンションを製作し、1月後半からアルミ製の車体ブレームの製作を始めました。設計図に従ってアルミフレームを切断し、ネジ組みして車体フレームが完成しました。

オリジナル1号機では、当初、鉄パイプを溶接して車体フレームを製作する計画で進めてきました。溶接装置を購入し、溶接のための机や工具も準備し、作業のための安全教育と実技訓練を始めました。しかしながら、教員と学生の共通時間を確保するのに手間取り、なかなか溶接作業に入ることができませんでした。

一方、パワートレイン班やカウル班では、早いタイミングでの車体完成を希望していました。とくにパワトレ班では、学生フォーミュラ用のモータやインバータ設計のため、実機に近い車体を必要としています。そこで、1月に開催されたリーダ会では、1号機の車体をアルミフレームで製作することに決めました。この決定を受け、車体フレーム班では1月後半から2月にかけてアルミ製車体フレームの製作を進めました。

車体フレーム班が春休みも活動を続けてくれたことで、アルミ製の車体フレームが完成しました。今後は、1月に製作したサスペンション、これまでに用意したブレーキやアクセルをこのフレームに取り付け、走行可能や車体に仕上げます。

Dsc_0033

モータ6直巻きと基板の48V化でモータのトルクアップに成功

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 パワートレイン班では、2019年の1月からオリジナル1号機の完成に向け、モータのトルクアップに取り組んできました。インバータ基板の出力アップのための48V化、モータ性能アップのための6直列コイル化の改良を終え、動作確認を終えました。

 現在、開発しているオリジナル1号機は学生フォーミュラの車体サイズを想定して設計されています。カウルを取り付けた車体に、ドライバー1名が乗車した時の車重は、200kgを超え、EVレースに出場したモータの2倍以上のトルクが必要です。このため、➀インバータ出力の向上、➁モータコイルの巻き方変更、に取り組んできました。➀では、動作電圧を24Vから48Vに高めるため、制御回路用電源の変更、基板との入出力用リード線のコネクター化を実施しました。➁では、モータ回転数を低くしてトルクを高めるため、32並列から6直接続の巻き方に変更しました。

 1月から対策項目をリストアップし、必要部品を購入し、実際の改良を続けてきました。先週までに①、②の改良を終えたことから、35日の活動で動作確認を行いました。最初に、電圧を変えられる直流電源を使い、動作電圧を24Vから徐々に上げていきました。今回の改造では36V以上で動作する仕様になっています。電圧を36Vまで上げて加速つまみをゆっくり回すと、モータが滑らか回転し始めました。その後、電圧を徐々にあげ、48V電圧まで問題なく動作しました。
 次に電源をバッテリーに変えます。1個のバッテリーは12Vなので、最初に3個を直列に接続して36Vとしました。次に、4個を直列接続し、48Vとしました。36Vでのモータの最大回転数は1500回転以上、48Vでは1900回転以上と、電圧とともに回転数が上昇することも確認できました。 

今回、モータとインバータ基板で1セット目の改良を終えました。発注中のMOSFETの納入を待って、2セット目の改造を行います。2セット用意できれば、オリジナル1号機に搭載するパワートレインの準備が完了です。

20190304_002

3次元CADでオリジナル1号機用カウルを設計しました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。レース参加で中断していたオリジナル1号機の完成を目指し、カウル、車体フレーム、パワートレインともに活動を再開しています。今回は、カウルの取り組みについて紹介します。

昨年10月のEVレースでは、3次元CADで設計したカウルを製作し、車体に取り付けてレースに参加しました。この時は、車体サイズのカウルを作る始めての試みだったため、設計方法、下地型の製作方法、塗装方法など試行錯誤の連続でした。始めての試みにもかかわらず、応用化学科の須磨岡先生の離れ技により、レース前日に見栄えの良いカウルを完成してくださいました。 

EVレース用のカウルでは、レースまでに製作することを優先し、曲線部がほとんどなく製作が容易な形状としました。今回は、前回のレース用カウルの経験を活かし、EVの走行性能に関連する空気抵抗や重さ、デザイン性にも配慮することができます。
 オリジナル1号機を目指し、車体フレームとパワートレインが動き始めたことを受け、3年生の平山君がカウルの1次案を設計してくれました。平山君はパワートレイン班のリーダでもありますが、3次元CADの操作スキルが高く、前回のカウル製作でも大活躍しています。今回の設計では、機能性やデザインは十分には考慮していませんが、まずは見える形にして皆さんの考えを反映させていきます。

これで、カウル、車体フレーム、パワートレインの3グループが本格的に活動を始めました。全体スケジュールをキープし、6月オープンキャンパスまでの完成を目指します。

Photo

完成したサスペンションでモータとタイヤを回転させました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 レース参加で中断していたオリジナル1号機の完成を目指し、カウル、車体フレーム、パワートレインともに活動を再開しています。今回は、車体フレームの取り組みについて紹介します。 

2018年の6月に、モータの回転数を4対1に減速するギアーが完成し、軽自動車のタイヤを回転させました。車体フレームとパワートレインが共同で製作しただけに、メンバーの喜びは大きいものでした。この時のようすは、2019619日のブログで紹介しています。ただ、この時のモータはカットした4本のパイプに仮止めされており、サスペンション機能はありませんでした。

その後、車体フレーム班で、サスペンションの設計を行い、機械加工と組み立てを続けてきました。車体フレーム班の頑張りで、2月に入ってサスペンションが出来上がりました。さっそく、これに昨年6月に完成したタイヤ付きモータを取り付けまた。インバータ基板の電源を入れ、加速つまみを回すとタイヤは滑らかに回転しました。サスペンションが完成たことで、停滞していた車体製作に活気が戻ってきました。

 今後は、3月にステアリングを本体に取り付け、4月にはブレーキとアクセルを組み込み、5月には車体に電装・制御系とカウルを取り付けます。6月のオープンキャンパスで高校生にお披露目します。

Dsc_1398_3


トルクの出力アップにむけてモータと基板の改良を始めました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 EVプロジェクトで、当初から目標としてきたオリジナルな1号機の完成を目指し、カウル、車体フレーム、パワートレインともに活動を再開しました。この中から、パワートレインの取り組みついて紹介します。 

現在、開発しているオリジナル1号機は学生フォーミュラの車体サイズを想定して設計されています。カウルを取り付けた車体に、ドライバー1名が乗車した時の車重は、200kgを超えます。レースに出場したカートのドライバー込みでの車重が100kgであったのに対して2倍以上の車重があり、より強いトルクが必要とされます。

トルク出力をアップするために、➀インバータ出力の向上、➁モータコイルの巻き方変更、を始めました。➀では、動作電圧をこれまでの24Vから48Vに高めます。スイッチング用パワーデバイスを制御する回路は12V動作であるため、48Vの電圧でも12Vが得られるようDCDC変換器を交換します。また、ホールセンサなどの接続部を半田付けからコネクター方式に改良し、基板を交換しやすくします。
 ➁では、モータ回転数を低くしてトルクを高めるため、32並列から6直接続の巻き方に変更します。現在使っているモータは18個のステイにコイルが巻かれており、3相毎にすべてを直列接続すると6直列×318スロットとなります。これに対して、3個の3相(9ステイ)を直列接続したセット2組を並列接続したのが32並列です。モータに巻いてあるコイルを外し、新たに6直接続に巻き直します 

コネクターやDC-DC変換器など改良用の部品が入手できたため、パワートレイン版は改良作業に着手しました。また、パワートレイン版、車体フレーム版ともに春休みも活動を行い、一刻も早くオリジナル1号機を完成させようと燃えています。

Img_1561

1号機の完成に向けて新しい体制で活動を再開しました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 昨年10月の筑波レースでは、メンバの多くが車体作り、応援に情熱を注ぎました。また、4年生から下級生への引継ぎもあり、プロジェクトとしての活動目標が曖昧になっていました。1222日に4年生ご苦労さん会と、1年生の歓迎会を行い、決意を新たに活度を再開しました。 

当初から目標として掲げていたのは、オリジナルなカウル、車体フレーム、パワートレインからなる1号機を作り切ることです。レースで活動が中断したこともとあり、完成に時間がかかっています。全体会で全員が集まっても、方針がなかなか決まらなかったも1つの原因です。そこで、これまでの全体会やグループ活動とは別に、各グループから主要メンバが集まるミーティングを開催することにしました。

主要メンバでのミーティングを数回行い、新たな目標として、新年度生が入ってくる4月に向けて、1号機を作り切ることにしました。1号機を工学部の新入生に体感してもらい、優秀な人材の勧誘につなげます。

Img_1556_2


4年生の御苦労さん会と1年生歓迎会を賑やかに行いました

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 10月のレース参加が終わって一区切りがつき、EVプロジェクは次のステップに向けで動き出しました。4年生の卒業が近づいてきたことから下級生に技術的な引継ぎを始め、これから活動を引っ張っていく新しいリーダも決定しました。
 こうして、活動の中心が4年生から下級生に引き継がれてきたことを受け、4年生のご苦労さん会を開催することにしました。また、6月頃に企画していた1年生の歓迎会も、レース出場で時間が取れず、伸び伸びになっていました。そこで、4年生の御苦労さん会と、1年生の新人歓迎会を兼ねた懇親会を1217日に開催しました。 

厚生棟2階のRose-cafeをお借りし、料理を用意していただきました。車体フレームから約15名、パワートレインから約15名、教員の3名を含めて約35名の参加がありました。今年は、車体フレーム、パワートレインともに、10名近い1年生が新たに活動に加わっており、当日の懇親会も賑やかな会となりました。
 懇親会がスタートすると、各テーブル56名に分かれ、料理を食べなら歓談が始まります。毎週の活動で顔を合わせているメンバーなので、共通の話題も多く、会話が弾みます。後半30分になったところで、4年生1人ずつから挨拶があり、2年間の活動で感じたこ、今後の活動への期待が語られました。続いて、パワートレインの1年生全員が前に出て順番に自己紹介をし、同じように車体フレームの1年生も自己紹介を行いました。 最後に、須磨岡先生、福島 E.先生から今度の活動に対する期待の言葉がありました。

レース参加の次の目標は、EVプロジェクトオリジナルのEV[製作です。車体ブレームで設計した車体が加工・組立てされて形を現し始めています。パワートレインでは、このための高トルクモータ、駆動回路、制御回路の開発を進めています。今回の懇親会で、オリジナルEV製作に向けた決意をメンバーで再認識しました。

Img_1547_2



10月7日の筑波レース、初参加で完走の大健闘(3)

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。レースの報告、その(3)です。
 レース開始に伴う退場のアナウンスが流れると、ピット要員は16番ピットに移動し、スタートを待ちます。コントロールタワー横の表示灯が5分、3分前を示し、ついにスタートを示す旗が振られました。各チームのカートがゆっくりと動き出します。 

東京工科大学のカートもピット前を通り過ぎ、傾斜のある最初のコーナを登っていきます。モータとインバータには性能的にゆとりがなく、この斜面はカートにかなりの負担です。ピット要員が不安の目で見つめる中、カートは速度を落としながら斜面を登り、最高点に達し、視界から消えていきました。レース前の準備では、斜面への走行トライをしていなかっただけに、登り切ったことを喜び合いました。 

場内アナウンスが流れトップのカートが戻って来ました。それに続き、1周目を走り終えたカートが続々と戻ってきます。東京工科大学のカートも6位前後で現れ、ピット要員から歓声が上がりました。そのまま、2周目のコーナ斜面を苦しみながらも登り切り、視界から消えていました。
 トップの走りは快調で、すぐに2周目を終えて戻ってきました。後を追うように、2周目のカートが続々と戻ってきますが、工科大のカートはなかなか現れません。どこかで止まってしまったのではと、全員が思い始めたところに姿を現しました。明らかにカートのペースは落ちています。3周目に基板を交換しようとピット要員が手を振りますが、カートは走り続けます。気が付けば30分近くが経過し、東京工科大学のカートは最後まで走り切ることができました。 

レースが終わり、コースから出てきた本名君とカートのもとにピット要員が集まり、メインスタンドのメンバーも戻ってきました。この時点では完走できたかは分からず、とりあえず30分間走り切れたことを喜び合いました。全員で記念撮影を行い、マイクロバスのメンバーは東京工科大学を目指して帰路につきました。30分後に行われた表彰式と結果発表で、東京工科大学の順位は18位、トップの10周に対して完走基準70%の7周を走破したことが伝えられました。本名君がマイクロバスのメンバーに電話で連絡すると、バスの中で歓声が上がりました。

 こうして、7月から準備を始めたレース参加は、初参加で完走という大健闘に終わりました。

Img_7336__3

20181007163040_img_8560_2

10月7日の筑波レース、初参加で完走の大健闘(2)

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。レースの報告、その(2)です。
 VIPルールで抽選を終えて戻ってくると、マイクロバスで大学を出発したメンバーが到着していました。それまで、本名君と2人で準備を進めてきまきましたが、参加メンバー全員が合流し、一挙に活気付きます。 

次の作業は車検です。パワートレイングループのピット要員が、リストに従って電気自動車(カート)の仕様を確認し、車検項目との適合性を確認していきます。一通り終えたところで、大会委員に連絡すると、大会委員がカートのそばに来てくれて、車検項目を再チェックしていきます。これが通らないとレース参加できません。リスト表を、皆が真剣に見つめています。大会委員の「はい、OK」で、緊張感が一挙にほぐれます。 

ドライバーの本名君は、レーシングスーツ、グローブ、シューズを履き、ヘルメットを持って、体重測定のため大会本部に向かいます。筑波レースでは、レーシングウェアを装着した体重が55kg以上と決められているからです。順番を待って体重計に乗り、体重計測を問題なくクリアしました。これで、レースへの参加資格が手に入りました。一方の応援メンバーは、車検の途中でメインスタンドに向かいました。コースが良く見えるスタンド上段に陣取り、レースの開始を待っています。 

240分を過ぎると、コースへの入り口付近に集まるよう放送が流れます。ピット要員がカートを手押しし、ドライバーの本名君とともに進んでいきます。入り口前には、すでに多くのカートと関係者が集まっています。放送に従って、各チームはコース内に入り、抽選で決められたグリッドにカートを並べていきます。主催者側の呼びかけでドライバーがスタート地点に集まり、写真撮影が行われました。 

写真撮影の和やかな時間が終わると、主催者側から「ドライバー以外はコースから出るようでるよう」指示が流れます。関係者がコースから出ると、場内はレース開始前の緊張感に包まれます。いよいよレースの始まりです。                  ((3)に続く)

Photo_2

«10月7日の筑波レース、初参加で完走の大健闘(1)