溶接装置を導入して車体フレームの製作に活用します

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは,電気電子工学科の高木です。
 車体フレームグループでは,サスペンション,フレーム,コックピット,ドライブトレインの4チームに分かれ,各担当パートの設計を行っています。現在の設計作業が終わると,フレームとなる金属パイプを購入し,車体として組み立てることになります。EVを製作しているほとんどの大学では,パイプを溶接して車体を製作していますが,EVチャレンジはこれまで溶接の作業環境がありませんでした。 

活動の当初から福島 E.先生の方で「パイプの溶接をどうするか?」について検討いただいてきました。装置購入費用の問題もありましたが,溶接装置を設置して作業する場所が確保できていませんでした。その後,軽部学長,大山工学部長,茂庭学科長の御尽力で,工学部の戦略的プログラム「ロボコン」と「EVチャレンジ」の活動場所として研究棟C-121が使わせていただけることになりました。場所が確保できたことで,溶接装置を導入することに決まりました。

溶接用の装置と付帯装置として,溶接器本体,溶接器の冷却器,溶接時に発生するヒュームを吸収するヒュームコレクター,溶接用のガスを導入します。装置は納入までに約1か月かかります。8月末に予定している集中活動日までに納入され,溶接作業ができるようになれば,車体フレームの製作は一挙に進みます。

5

3回目の定例会で世界の大学のEV構造を確認、その後のグループ活動

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 こんにちは。電気電子工学科3年の鹿島です。
 今回の記事内容は、2017710日に行われた3回目の定例会と、パワートレイングループの活動報告です。

【定例会】
 カウルグループ、車体フレーム、パワートレインの各リーダーが進捗報告を行いました。カウルグループは素材実験の報告を、パワートレイングループはCADでの設計報告を、パワートレイングループはハンダ付けの報告を行いました。また、各リーダーの報告後、福島先生から、EVの個々の部品、部品がモジュールに組上がった状態の構造について、世界の大学の公開しているPVを見ながら説明してもらいました。

【パワートレイングループ活動】
 12年生達は前回に引き続きはんだ付けをしました。12年達はテストが近いためか、人数がいつもよりも少なかったです。(テスト頑張ってくださいね😊)
 3年生は、高木先生からの要望で、EV全体の配線設計、EV規格指示書の翻訳など、重要度の高い作業を任されることになりました。これからEVチャレンジ活動が忙しくなる気がしてきましたね。

では、次回活動日を告知します。
 日程:717(), 時間:18:3020:00, 集合場所:実験棟A107

最後に次回の定例会を告知します。
 日程:87(), 時間:15:3020:00, 集合場所:研究棟C工学部会議室
 定例会が終わった後は、実験棟A107にてパワトレのグループ活動を行います。

EVチャレンジに興味のある方は、ぜひぜひ活動を行っている部屋に遊びに来てくださいね(*´∀`*)

Img_1188


7月10日定例会 世界記録を出したクルマを例にEVの構造を説明

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

EVチャレンジは、710日(月)に3回目の定例会を開催します。今回は、各グループの活動報告だけでなく、福島先生にEVの構造を詳しく説明してもらいます。1回目の定例会で、EVが組みあがっていく動画1)をみましたが、あまり理解できなかったと思います。

あれから2カ月が経過し、自分や他のグループでやろうとしていることが少しずつ分かってきています。626日の活動では、車体フレームのメンバーがパワートレインのインバータ基板とモータのサイズを測定しに来てくれました。バッテリ、モータ、基板の大きさは、車体フレームを設計する上で重要な寸法です。寸法を測定しながら、基板を入れるケースや冷却構造をどちらのグループが担当するのか話題となりました。同じように、カウルを車体フレームにどう取り付けるかも重要です。

動画では、すべての部品が最初に示され、それが少しずつ組みあがり、車になっていくところが上手く説明されています。このEVは時速100㎞までの加速時間が最短という世界記録を出しており、スイス連邦工科大学(ETH)の学生を中心とするAMZAcademic Motorsports Club Zurich)が製作しています。福島先生の説明を聞きながら動画を見れば、車の構造の全体像が理解できるはずです。
1)動画サイト:https://www.youtube.com/watch?v=ITCft4dbjuM

 【開催の直前案内】
  日時 710日(月) 18:3020:00
  場所 工学部 会議室(研C313
  内容 ① 連絡事項、各グループの進捗
      ② EVの構造説明
      ③ グループ活動


Img_11831    


電気電子工学科3年の鹿島です!パワートレインの活動紹介です

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは。
電気電子工学科3年の鹿島です!
今回からパワートレイン関係の記事を投稿することになりました!
今回の記事内容は、2017626日に行われた、電気自動車(EV)の製作チャレンジでの活動内容です。

まずはお知らせです。
今回から3年生が2名メンバーに加わりました!
今、電気電子工学科と応用化学科の3年生は、「コーオプ実習」という授業で、企業で働いているので、人数がとても少なく、1,2年生たちの指導などが十分に行えるか怪しい状況でした。
でも、今回加わってくれた3年生の方たちのおかげで、それもほとんど解決しましたね!

今回行われた活動内容は、半田付けとその修正です。
やはり、1,2年生達のほとんどが、はんだ付けの経験がなく、ちゃんと付いているのか少し不安がありました。
でも、今回の修正ではんだ付けした個所のほとんどは、しっかりと付きました!
で・す・が、動作確認するまでは安心してはいけません。

最後に次回の活動日を告知します。
次回は定例会なので少しいつもと違います。
日程:710()
時間:18:3020:00
集合場所:研究棟C工学部会議室
定例会が終わった後は、実験棟A107にて活動します。

20170626_195024_3

EVチャレンジの2回目の定例会 -各グループの活動内容を共有-

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 こんにちは,電気電子工学科の高木です。
 早いもので,記念すべき1回目の定例会が開催されてから1ヶ月が経過しました。612日に2回目定例会を開催し,ほとんどのメンバーが参加してくれました。定例会の最初に,“EVチャレンジ”のブログ開設について紹介しました。これまで,電気電子工学科のブログ記事として掲載してきましたが,“EVチャレンジ”で独立したブログとなりました。

その後,各グループのリーダから活動状況の紹介がありました。カウルグループは発泡スチロールを型に見立て,塗料を塗って強化プラスチック(FRP)を貼り付ける試みを行っています。発泡スチロールで作りたい形状の型を作り,その上にFRPを貼り付けることで希望する形状のカウルができます。車体フレームは,サスペンション,フレーム,コックピット,ドライブトレインの4チームに分かれ,各担当パートの設計を行っています。パワートレイングループは,直流モータと永久磁石同期モータを回転させ,その特性を体得しました。全体での活動は30分程で終わり,後半は各グループに分かれて活動しました。

 電気電子工学科と応用化学科の3年生は,今期,コーオプ実習を行っています。EVチャレンジには,これまで2期(612日~88日)の学生が参加してくれていましたが,実習に行くためにこの活動に参加できなくなりました。逆に1期(43日~68日)の3年生が実習から戻ってきたので,612日の活動から新たに3名の3年生が加わってくれました。


Photo

EVチャレンジのグループ活動 -モータの原理と構造を体感-

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 こんにちは、電気電子工学科の高木です。
 電気自動車(EV)の製作チャレンジでは、EVを構成する主要部であるカウル、車体フレーム、パワートレインのグループに分かれています。月に1会の定例会とともに、各グループでの活動を並行して行っています。

 パワートレインは、モータと電気系統を担当しています。市販の部品を購入し、モータを手巻きで製作するとともに、モータ駆動用のインバータ基板を半田付けして製作します。製作するEVでは、4つの車輪のそれぞれにモータを付けて駆動します。使うモータは、永久磁石同期モータ(PMSM Permanent Magnet Synchronous Motor)あるいはブラシレスDCモータを呼ばれるモータで、電気自動車や家電製品に広く使われています。

529日(月)のグループ活動では、永久磁石同期モータとそれを駆動するインバータと呼ばれる回路の構造と動作原理について体感しました。説明を聞いた後で、実際のインバータ基板でモータを回転させました。さらに、インバータの各部で電圧波形を測定し、動作原理を理解しました。また、小型モータとして広く使われている直流モータ(ブラシあり)も回転させて比較し、永久磁石同期モータの理解を深めました。

購入手配していてモータとインバータ部品が、68日に入荷しました。612日(月)からの活動では、4つの班に分かれ各班が1個ずつのモータとインバータを責任をもって作ります。果たして無事に、4セットとも動くでしょうか?

Img_1112_3

電気自動車(EV)の製作にチャレンジ -1回目の定例会を開催-

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

 こんにちは、電気電子工学科の高木です。

 電気自動車(EV)の製作にチャレンジするプログラムで、1回目の定例会を515日に開催しました。工学部の機械工学科、電気電子工学科、応用化学科の3学科からの学生45名でのスタートとなりました。説明会でのアンケートをもとに、カウル、車体フレーム、パワートレインへのグループ分けを行いました。自分の学科の専門を生かそうということで、カウルは応用化学科と機械工学科、車体フレームは機械工学科、パワートレインは電気電子工学科の学生が多くなりました。

 電気自動車製作に関連して、福島先生が学生フォーミュラについて熱く熱く語って下さいました。学生フォーミュラの概要、採点基準、スケジュールなどを説明いただきました。さらに、電気自動車が部品から組み上がっていく様子をわかりやすく説明した動画の紹介がありました。スイスの学生グループAMZAcademic Motorsports Club Zurich)が製作した車で、0100km/hまでの加速時間が最短の世界記録を出しています。
 その後は、カウル、車体フレーム、パワートレインの各グループに分かれ、リーダやグループ内での分担分けを行い、次回の活動日を決めました。今後は、月に1回の全体の定例会と、グループ毎の活動を並行して進めていきます。

1_20170517__4

電気自動車(EV)の製作にチャレンジ -説明会に46名の参加-

| 投稿者: プロジェクトEVスタッフ

こんにちは、電気電子工学科の高木です。

 電気自動車(EV)の製作にチャレンジするプログラムが動きだしました。正式名称は「再生可能エネルギー利用EV製作教育プログラム」です。CO2を排出せず環境に優しい電気自動車を製作し、再生可能エネルギーで発電された電力を使って走行距離を競うプログラムです。電気自動車の構造を理解し、モノづくりの素晴らしさ、エネルギーの大切さを通してサステイナブル工学を体感することを目的としています。
 教育プログラムの内容を知ってもらうため、418日(火)と20日(木)の昼休みに、活動の説明会を行いました。18日に32名、20日に14名と多くの学生さんに参加いただきました。また、工学部の機械工学科、電気電子工学科、応用化学科の3学科からの参加があり、工学部の教育プログラムにふさわしい活動を展開できそうです。
 当日は、活動の概要及び目的とモータ駆動について高木から、自動車のカバー(カウル)を応用化学の須磨岡先生から、車体フレームを機械工学科の福島先生から説明しました。学生の皆さんからは、活動日程はどう決めるか? 2期のコーオプ実習で欠席しても大丈夫か? など突っ込んだ質問が出て、熱い熱い説明会となりました。
 なお、電気電子工学科と応用化学科で3年次生の半分の学生さんが、コーオプ実習に行っており、今回の説明会には参加できませんでした。実習が終わる68日以降に、今回と同様な説明会を開催し、途中からも活動に参加できるようにします。

Photo_5